<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今年の終わりに…。
d0197620_11365234.jpg

今年一年、悲しいことや嬉しいこと、楽しいことや大変なこと……
いろんな事がありました。
でもとりあえず私個人はなんとか元気に暮らしているので幸せです。

今年はいろんな場所に出かけることが出来て、そこで新たな出会いがあって、
さらにそこから広がっていくような予感もあります。

d0197620_11383115.jpgそうなると、自分自身に磨きをかけて堂々と出ていけるようにならなきゃいけないんですが、自分の力不足を感じるばかりで悩みもつきませんし、やらなきゃいけないことも山積みです。

今年一年の様々なことを反省しつつ来年に繋げていけたらと思っています。


d0197620_11393028.jpg


皆さん、よいお年を~!
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
[PR]
by pourquoi4018 | 2011-12-31 11:41 | 日々のつれづれ
『国際陶芸祭inささま』 ☆レポート2☆

d0197620_11321716.jpg11/27(日)二日目
朝食は今回、金工家なんだけど陶芸祭のボランティア・スタッフとして大活躍の柴田望くんユクリテ・渡邉貴子ちゃんと三人で。
望くんは車中泊の覚悟でコンロも持ってきてたのでカップ麺を分けてもらい、温かい朝食を食べることができました。りんごのデザート付き。

朝の澄み切った空気のなかこんなロケーションの中での朝食!贅沢だなぁ~!

d0197620_11404983.jpg
この日の朝は茶畑にキレイに霜が下りていて
写真に撮ろうとしたのですが、うまく写らず……
車まで行ってるうちに、みるみる溶けてしまいました。




d0197620_11595235.jpg




d0197620_1153168.jpg





d0197620_11523955.jpg




道川省三さんのワークショップ。
50分間の間に四つもの作品が出来上がって、『HURRY POTTER』の面目躍如。
海外での活動の多い道川さん、仕事が速いのでこう呼ばれているそうです。


d0197620_125552.jpg
ドイツからのマーティン・マクウィリアムさんの
ワークショップ。
二次元的な造りで三次元的に見せる
“だまし絵”のような作品。
エッジの仕上げにこだわっていて、
フォルムの美しい作品でした。


他にも素晴らしい招待作家さん達がいらしてたのですが、すべて紹介できなくてすみません。
今回はあまり日本では体験できないような感じで
ワークショップやスライドレクチャーを見ることができて貴重な三日間でした。
また街中でなくこの地であったからこその雰囲気や感覚が得られたのかもしれません。


今回の陶芸祭は常滑の声掛け隊長の望くんに誘ってもらって来ることができました。
今年はいろんな場所に出掛けることが多くて、その度に新たな出会いがあって繋がりが増えていくのですが、いかに人繋がりで物事が動いていくかを実感しています。

祭りが終了してから、静岡インター近くのファミレスでプチ打ち上げをしました。
有志6人ですごく盛り上がって3時間ほど……静岡を出発したのは10時過ぎてました。
こんな輪が広がっていくのもイベントならではですね!


d0197620_1256898.jpg今回の陶芸祭も地元の方達の協力がなければ、こんな暖かな催しにはならなかったのではないでしょうか?
私達が三日間、とても楽しく、心地好く過ごさせていただけたのも尽力していただいたスタッフの方達のおかげだったと思います。

本当にありがとうございました。

また二年後、出来れば参加したいと思っています。
[PR]
by pourquoi4018 | 2011-12-02 12:59 | 展示会
『国際陶芸祭inささま』 ☆レポート1☆
d0197620_10104869.jpg

11/26(土)・27(日)と静岡県島田市川根町で『国際陶芸祭inささま』が開催されました。
11/25(金)の前夜祭から三日間楽しくて充実した時間を過ごしてきました。


d0197620_10114788.jpg


d0197620_10121812.jpg





前日は出発が遅れ、着いた時には日も暮れて交流会が始まっていました。
地元の方達による神楽や太鼓で歓迎していただき、地元の食材で作っていただいた心尽くしの料理でお腹も満腹になりました。
その後食堂に場所を移して作家同士の交流が始まったのですが、
まだお互いの作品も見ていない状況で探り探りの会話ながら、楽しく過ごしました。

話は尽きませんが消灯の時間もあり、お風呂に入って二段ベッドの八人部屋で就寝。
昼間の移動の疲れもあってか、あっと言う間に眠りにつきました。


d0197620_1033544.jpg11/26(土)
初日は少し早起きをして展示準備。
山あいの近くに川のせせらぎが聞こえるところに会場となった
『島田市山村都市交流センターささま』はあります。
朝のひんやりとした空気が気持ち良かったです。



d0197620_10202074.jpg


d0197620_10223296.jpg







d0197620_10225036.jpg
d0197620_10205510.jpg






ヤン・スンホさんのワークショップ。
彼とは初めて韓国のヨジュに行った時にお会いしてて名刺交換もさせていただいてたのですが、その方と目の前にいるヤンさんが同一人物だと結び付かなくて、
ヤンさんの方から『ヨジュで会ってるよ』と言われやっと気付きました。
ヤンさんごめんなさい。
自然に出来てくる形を生かして作る事を楽しまれてるヤンさんのワークショップは
楽しくてみんなが笑顔になる感じでした。

会場は市街から山ひとつ越えてくる感じで、
山道に入ってから1時間ほど走らないとたどり着かないのですが、
初回にもかかわらず多くのお客様が来てくださいました。
にもかかわらず、私達参加者はワークショップやスライドレクチャーに夢中で
店にいない事が多く、お客様に対しては失礼だったかもしれません。
でも、もと小学校であった場所でまるで学生のように
『少しでも何か学びとって帰りたい!』という貪欲な気分でもあったのです。


d0197620_104369.jpg仲間うちでは恒例の
ユクリテ貴ちゃんの『おいしい顔!』
貴ちゃんには『いつもすごいアップで撮るよねっ。』と言われますが、
写真に撮らずにはいられませんよね!
この表情はっ!

この日は愛知県よりはるばる松尾さんご夫妻が来てくださって、おいしいクッキーの差し入れをいただいたのですが、
松尾さんたちが食べるつもりの干し柿までいただいてしまいました。
『おいしい顔』恐るべしっ!
この干し柿、ふつうのと違ってプルプルの大振りのものでした。
松尾さん、いつもありがとうございます。


d0197620_10392123.jpg夕食を食べてから、このフェスティバルの発起人でもある道川省三さん達四人の作家さんがホームステイしている榎さん宅にお邪魔しました。
太いハリの立派な日本家屋で鮎と日本酒をいただきました。

そのお宅から会場まで帰る道すがら、
満天の星たちを鑑賞しながら歩きました。マーティンさんの星座解説付きでした。
冬になるといつもオリオン座は見上げてるけど、星と星のあいだにまた星が見えるなんて初めてかも…?

会場に戻ってからも校庭で火を囲んでの交流。
ヤン・スンホさんの『ささま、チョ~ッタァ~(いいね!)』の掛け声とともに何度も乾杯。

日付が変わりそうなので私達は入浴を済ませてから、また天体観測…。
大満足で眠りにつきました。
[PR]
by pourquoi4018 | 2011-12-02 11:16 | 展示会
  

安藤 志保子の作陶日記 とはいえ、ほぼ『日々のよしなしごと』を綴っております。
by pourquoi4018
プロフィールを見る
画像一覧
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
ツボにはまる (o^-^)b
at 2012-11-06 19:25
『山口アーツ&クラフツ 20..
at 2012-11-02 18:40
前のりの楽しさよ♪
at 2012-11-02 15:14
理想の原土に再会する幸せ ヽ..
at 2012-10-18 23:46
魅惑の世界
at 2012-09-29 22:05
ファン
ブログジャンル
陶芸
日々の出来事
画像一覧