<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
마음 편히 살아라
d0197620_1027156.jpg

춤추라 , 아무도 바라보고 있지 않은 것처럼
사랑하라 , 한번도 상처받지 않은 것처럼
노래하라 , 아무도 듣고있지 않은 것처럼
일하라 , 돈이 필요하지 않은 것처럼
살라 , 오늘이 마지막 날인 것처럼

알프레드 디 수자


踊れ  誰も見てないかのように
恋せよ  傷ついたことがないように
歌え  誰も聴いてないかのように
働け  金が必要でないかのように
生きよ  今日が最後の日のように

アルフレット D スーザ
[PR]
by pourquoi4018 | 2010-12-28 10:43 | 韓国
今宵の夜は・・・
d0197620_1324985.jpg今日は友達の薪窯の窯焚きヘルプをしてきました。
今週は冷え込んでいたので、どんなに寒いかと覚悟して出かけたら風もなかったし、抹茶ミルク飲みながらの快適窯焚きでした。
今回窯を焚いてる友達とは十年近くの付き合いで、彼の窯焚きは毎回手伝わせてもらってます。
薪窯を通じての仲ですが、去年私がやっと一人で薪窯を焚くとなったときには、多大な協力してもらい感謝しています。
なぜかすごく喜んでくれて、多分師匠が弟子の独立に感慨深い感じなんだろうと想像しましたが・・・。

常滑の窯焚きは薪をくべるのは押し込み式です。長い薪を徐々に燃やして押し入れていきます。よく映像でみる薪を投げ入れる方法とは違います。
投げ入れの方が見た目、窯を焚いてる感はあるかもしれませんね。以前伊賀の窯焚きを手伝いに行ったんですが、やはり投げ入れ方式だったので『あ~これがテレビでよく見るやつね。』って今更ながら思ったものでした。
d0197620_1501398.jpg

[PR]
by pourquoi4018 | 2010-12-19 02:05 | 制作
ワラ灰
d0197620_1011532.jpgワラ灰を作ってみようと工房の大家さんにお願いしました。大家さんは有機農法でお米を作っているので、ワラを分けてもらい、田んぼまで借りての初チャレンジ!
レンガを並べて棚板を敷いてその上で燃やすバージョンと直接地面で燃やすバージョンを試してみました。
棚板の上は少しずつしか燃やせず効率悪し・・・。
地面で燃やしても、気を付けて採取すればさほど土は混ざらない様子。




d0197620_1037363.jpg途中もう燃え尽きたかと思って土嚢袋に詰めたらまだ火が残ってて袋を三枚ダメにしました。
やっぱ水を掛けながらやらないと燃えすぎて白くなってしまう。その加減が難しい。
結局四袋半になりましたが、これを掃除してどれだけ灰が取れるか?はまだ不明。
再度挑戦してみようと思っています。

目指すのは、雪のように白く,砂糖菓子みたいに美味しそうなワラ灰釉
d0197620_1044427.jpg

[PR]
by pourquoi4018 | 2010-12-14 10:49 | 制作
조문선 언니 사랑해요!!
d0197620_20172758.jpg今年の春に韓国に行って知り合ったチョーさんです。この写真は10月に韓国に行った時のものです。
彼女は自分のことを『韓国のお母さん』だって言ってくれましたが、人生の先輩って意味でもお母さんて言うよりオンニって感じです。
チョーさんのマンションの前になぜか『TONG-IN Gallery』のトラックが停まってました。このギャラリーは今回納品に行った仁寺洞の真ん中あたりにあるお店です。

チョーさんはアロマテラピストで今回も『これあなたに良いと思うわ。』って今回はヒノキの石鹸をプレゼントしてくれました。
ソウルの最後の夜はチョーさんのお友達と一緒にカラオケで盛り上がりました。
너무 너무 재미있었어요.
문선 언니 고마워요.
[PR]
by pourquoi4018 | 2010-12-05 20:19 | 韓国
  

安藤 志保子の作陶日記 とはいえ、ほぼ『日々のよしなしごと』を綴っております。
by pourquoi4018
プロフィールを見る
画像一覧