ひみつの呪文
d0197620_10581970.jpg

  생명은

생명은
자기 자신만으로는 완성될 수 없도록
만들어져 있는 듯하다.
꽃도
암술과 수술이 갖추어져 있는 것만으로는
불충분하며
곤충이나 바람이 찾아와
암술과 수술을 중매한다
생명은 그 안에 결핍을 지니고 있으며
그것을 다른 존재로부토 채워 받는다.

세계는 아마도
다른 존재들과의 연결
그러나 서로가 결핍을 채운다고는
알지도 못하고
알려지지도 않고
그냥 흩어져 있는 것들끼리
무관심하게 있을 수 있는 관게
때로는 마음에 들지 않은 것들도 허용되는 사이
그렇듯 세계가
느슨하게 구성되어 있는 것은 왜일까.

꽃이 피어 있다.
바로 가까이까지
공충의 모습을 한 다른 존제가
빛을 두르고 날아와 있다.

나도 어느 때
누군가를 위한 곤충이었겠지
당신도 어느 때
나를 위한 바람이었겠지.

          요시노 히로시

  

  生命は

生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命はすべて
そのなかに欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう
あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない

           吉野 弘

d0197620_1157739.jpg



d0197620_12221423.jpg





釜山駅構内の本屋で見つけた詩集にはいっていた吉野弘さんの詩。

人は生まれる時も死ぬ時も一人……とは言えそれには多くの人たちが関わっている。

誰かと出逢って、関わりを持って、そこから枝葉が伸びてさらに誰かと繋がっていく。

人との出逢いって面白い。
偶然じゃなく必然だって思えたり、昔から知っていたかのような親しみを覚えたり、
離れたかと思えばまた近くなったり……。

きっと縁のある人とはちゃんと途切れずに続いていけるんだなぁ。

孤独も沈黙も友達だけれども、人は独りでは生きられない。


d0197620_122574.jpg

[PR]
by pourquoi4018 | 2012-03-06 12:17 | 日々のつれづれ

安藤 志保子の作陶日記 とはいえ、ほぼ『日々のよしなしごと』を綴っております。
by pourquoi4018
プロフィールを見る
画像一覧