ともに過ごした六日間 ☆後編☆
d0197620_22231315.jpg
22日(月)は陶磁器会館でセミナー。
韓国ヨジュと常滑市を結ぶべく交流会。

個人レベルから始めて、
大きな結び付きにしていきたいと終会。






d0197620_22241341.jpg



d0197620_22315292.jpg









d0197620_2251406.jpg
午後は甲賀の温泉へ…。
山あいのゴルフ場のある所に併設されていて絶景。







みんなが温泉入ってる間に希望者何人かで
日本最大級の木彫彫刻の十一面観音がある『櫟野寺』へ。

d0197620_22333795.jpg

d0197620_22352366.jpg





特別拝観は年二回なので、もちろん見られなかったけど他の仏像も平安期の物ばかり。

あーまた奈良に行きたくなった。
最近作ってる手のモチーフはもともと弥勒菩薩の手がヒントになっている。
未来に姿を現れて、多くの人々を救済するとされる弥勒菩薩の神々しい姿に
希望を感じた。

阿修羅像にも再会したいし、お寺巡りしたいっ!!!

夕飯後『三日月ハウス』へ移動して信楽の作家さん達と交流。彼らもワークショ
ップで韓国へ行くので顔合わせの良い機会になったと思う。

そしていつものように日付をまたいでのトーク。
雑魚寝も慣れてきてて、朝見ると、みんなそれぞれの場所に納まってておもしろい。

五日目23日は信楽経由で京都。
信楽は陶芸材料のお店と陶器のお店、そして陶芸の森に。
友人の陶芸家が三ヶ月滞在して大物焼いたであろう窯と対面した。
その後の個展は大成功だったのであやかって『私もいいもん作りたぁい!!!』
と拝みたい気分になった。


d0197620_2240574.jpg京都は清水寺に寄って、
ちゃわん坂で観光。
おみやげにすぐき漬けと抹茶のラングドシャとアカシアの香りの線香を買う。



d0197620_22404233.jpg


四条河原町のAsahiのビヤホールでは
氷点下のスーパードライ『EXTRA COLD』
を発体験!
ずーっと気にはなっていたけど私はビール派ではないのでまだ未体験でした。
でも喉ごし良くて、すっごいおいしかった!

d0197620_22411546.jpgその後、昭和な雰囲気の『六曜社コーヒー』でほっこり。

ひろこはタンザニアの中深煎り、園ちゃんはインドの深煎り、私はブラジルの中煎り。
飲み比べたらひろこのが好みの味でした。
中煎りだとちょっと物足りなかったなぁ。

手作りドーナツも懐かしい味でおいしかった。

もう少しコーヒーとそのしっとりとした空間を楽しみたかったのですが、
時間がなかったので、バスまでダッシュ!

私達『おもてなし隊』とはいえ、自分達が楽しむことも怠りません。

そしてGO BACK TO TOKONAME。
いつも混んでる四日市や亀山もスムーズに抜け、
7時前には常滑に着きました。


最後の夜はカラオケ。

韓国でもよく行ったけど、彼らは歌って踊って目一杯騒ぐので、
かなり発散できます。


六日間、ほぼ一緒に行動してご飯食べて寝て…、濃~い時間を過ごしました。
異文化交流なので、ちっちゃいバトルはありながら、怪我人も出ずに無事送り届
ける事が出来てホッとしてます。

また来月ヨジュで会おうね!
[PR]
by pourquoi4018 | 2011-08-25 22:55 | 韓国

安藤 志保子の作陶日記 とはいえ、ほぼ『日々のよしなしごと』を綴っております。
by pourquoi4018
プロフィールを見る
画像一覧